パウロのカステラと犬連れ旅行の食事

リスボンに行く事が決まって是非訪ねてみたいなぁと思っていたのが「パウロのカステラ」というカステラ屋さんです。
本で読んだのですが、ポルトガル人の菓子職人と彼の日本人の奥さんがポルトガルから日本に伝わったカステラを今度は逆に日本からポルトガルに広めよう!という事で始めたお店のようです。旦那さんは長崎の松翁軒で修行をしたそうです。

b0007203_20275948.jpg

↑「パウロのカステラ」のお店の前。事前にインターネットで場所を調べていったので迷わず着きました。カステラを売っているだけではなく、菓子パンや金平糖も売っていたし、ティーサロンも経営されているようでした。
私は半分の大きさの普通のカステラと、同じく半分の大きさの抹茶のカステラ、そしてしばらく食べていないメロンパンを買ってきました。
b0007203_2031944.jpg

↑箱を開けるとこんなにおいしそうなカステラが入っていましたよ~!!そしてポルトガルの人がカステラとは何なのかわかるように説明書付きです。とってもおいしかったです♪


さてさてリスボンの町を歩いていて頻繁に目にするものにお菓子屋さんがあります。
本当に10歩歩いたらお菓子屋さんに当たる位の多さでビックリしました。
b0007203_2035122.jpg

b0007203_20361368.jpg

いろいろありすぎて迷ってしまうんですが、私はエッグタルトを買ってきました。こちらもタルトの生地のサクサクとクリームのぽたっとした感じが合ってとってもおいしかったです。

道を歩いていると、何だか目の前が煙たくなってくるんです。「あれっ、風邪ひいてるせいで目がおかしいのかなぁ?」と思っていると↓こんな物が見えました。
b0007203_20392733.jpg

これ、焼き栗屋さんなんですよ~!やった~♪焼き栗好きの私はちょっと小躍り♪してしまいました(#^.^#)
b0007203_20414098.jpg

リスボンの焼き栗はほんのり塩味。スペインでもアンダルシアの方では塩味の焼き栗があると聞いた事があるんですが、私は今回が初めてでした。塩で栗の甘さが引き立ってとってもおいしかったので、旅行中懲りずに3回も買ってしまいました。本当においしかった~。

犬連れの旅行でちょっと困ること・・・に「食事」があげられます。多くのレストランや喫茶店は犬を連れていけないことが多いので、食事はどこかで買ってホテルに持ち帰って食べる事になってしまいます。でもポルトガルには救世主がいましたっ!!
それはこれ↓。
b0007203_20512588.jpg

テラス席+風除け!初日は曇りでとっても寒かったのでテラス席も無理でしたが、翌日はポカポカ陽気だったのでテラスで食事をする事ができました。
でも不思議。どんなに寒くても、小雨が降っていようともリスボンではテラス席を用意するんですね・・・。スペインでは冬はテラスが無い所がほとんどなのでビックリしました。でも犬連れの私達にとってはとってもうれしかったです。

という事で、私達の旅行中の食事はというと・・・
1日目
昼・・・ボカディージョ(バゲットサンド)、フライ2種、ジュース)
夜・・・フライ3種(タラのコロッケ、カレー味の春巻きみたいの、鶏肉の詰め物のフライ)、スープ(ソパ・デ・ぺドラ:石のスープという意味)、パン  
(写真下・・・キャンプの食事みたいになってますが・・・(-_-;))
b0007203_2058246.jpg

2日目
昼・・・テラス席で、野菜スープ、ハムとチーズのサラダ、焼いたタラ(←タラがと~ってもおいしかった!)
犬連れにしてはなかなかおいしい食事が食べられたなぁと思います。良かった!
[PR]
by el1demayo | 2006-02-02 21:18 | ♪ うれしかったこと


<< 路面電車 と サン・ジョルジェ城 リスボン散策 >>