”超”遠距離恋愛の始まり

☆「くじで引かれた出会い!?」のつづき☆

 出会ってから、毎週1回のintercambio。でも、3~4ヶ月はなんの恋愛感情も無く、良い友達って感じでした。

 でも、セマナ・サンタの休暇で彼がサラマンカから実家に戻ってしまった頃、なんだかさみしいなぁ~って感情が生まれてきたんです。この頃から、なんとなく彼のこと好きなのかな?という自覚がムクムクと沸いてきて、セマナ・サンタ後に彼と会った時には大好きになっていました。 しかし、時は4月・・・私の留学期間は6月位までの予定だったので、彼と一緒にいられる時間はほとんどありませんでした。

 だから、この気持ちを彼に伝えるべきか否かすっごく迷ったんです。後から聞いた話ですが、彼の方も同じ頃から私の事が気になっていたらしいんですが、私の帰国のことを知っていたので、言うべきかどうか迷っていたそうです。彼は、私が彼に好意を持っているのがわかっていたそうですが(ラブラブ光線出し過ぎ?!)、私はそういうのにはまったく鈍感で、彼が私の事をどう思っているのかわからなかったので、とっても不安でした。

 で、迷って迷って迷った挙げ句、やっぱり気持ちを伝えることにしたのです。だって、この気持ちを言わずに日本に帰ったとしても後悔するだろうし、言って振られるってこともあるし。同じ悲しくなるんだったら、行動してみてからにしようと思ったからです。

 「言うぞっ!」っていう決心はすごく固かったんだけど、なかなか言えなくて、結局5月になってしまいました。帰国まであと1ヶ月・・・今日言わなかったら後は無いと覚悟して彼に会いました。で、「好き」って言いました。結果は◎でした。

 彼も、私の事は好きだったけれど、遠距離になってからのことを考えると、気持ちを伝えることができなかったそうです。

 帰国までの間は、ほぼ毎日会っていました。彼も私の帰国と同じ日にイギリスに留学することになったため、その日から”超”遠距離恋愛が始まりました。
 
                                              ☆つづく☆
[PR]
by el1demayo | 2004-08-07 12:02 | ☆ ”超”遠距離恋愛


<< 花火大会 巣立ったはずが・・・ >>