<   2006年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

イタタタ・・・・・

昨日歯医者さんに行ってきました。
2ヶ月前に痛かった(その後は痛くなくなってました)奥歯を見てもらうためにレントゲン写真を持って行ってきたんですが、結果は痛かった奥歯は虫歯では無いようでその斜め上にある親知らずに押されて痛みを感じたのではないかと言う事でした。
私の親知らずはかなりの厄介者で外に出ていなくて歯茎の中にあるんですが、奥歯の上にピッタリとくっついていてお互いに支えあっているため、どちらかが悪くなってしまったらいつもセットで治療しなくてはならないのです・・・=親知らずを抜く事になるということです。
今回行った歯医者さんでも、少なくとも2年に1回位はレントゲン写真を撮って親知らずの周りに炎症が無いかどうかチェックしなさいと言われました。
そして最後に「あっ、ここ虫歯だ」と言われ治療をしてもらってきました。昨日はその治療してもらった歯がずっと痛痒くてちょっぴり辛かったです。

今朝は痛みも引いて気持ちよく起きました。でもなんだか治療してもらった歯に意識を集中すると痛いような気がしてしまいます。月曜もこんな感じだったらもう一度歯医者かな・・・?あ~歯医者は苦手です。(T_T)

こんな状態の私とは裏腹の素敵な写真を日本の兄と義姉から頂きました!
b0007203_19365479.jpg

b0007203_19371010.jpg

日本の桜の写真です。いや~、きれいですね、やっぱり日本の桜は。

そう言えば今、我が家にはこんなお花があります。
b0007203_19381758.jpg

なんと言う名前の花なのかわからないんですが、とっても香りのいいお花です。最初は今に飾っておいたんですが、彼が匂いがきつすぎると言って玄関に持っていってしまいました。
でも玄関から家の1番奥まで香りが届いてます。
[PR]
by el1demayo | 2006-03-31 19:21 | ◎ 暮らし

日曜日のお散歩

先週の日曜日、ずっと降っていた雨が止んで少し良い天気だったのでシロを連れてお散歩に行ってきました。

b0007203_16513282.jpg

↑まずはうちの近くにある広場で記念撮影。陶器でできた噴水やベンチがあります。
冬の寒さから守るために昔はここにある全ての陶器に布やビニールが巻かれていたようですが、今はそういうことをしないためかタイルがひび割れてしまっていたりして残念です。

b0007203_16562643.jpg

b0007203_16564312.jpg

同じ広場にて、歩くシロと走るシロ
上から写真を撮ったら、毛のせいかまん丸に見えます(*≧m≦*) 

b0007203_16583439.jpg

↑広場をぬけてタホ川沿いに出ると、川でカヌーを漕いでいる人たちがいました。
川沿いには遊歩道と自転車用の通路があります。犬連れの人や、親子でサイクリングをする人、赤ちゃんをベビーカーに乗せてお散歩する人などでなかなか賑わってました。

b0007203_17261.jpg

↑城壁の跡がある為に空き地のようになっている場所。黄色い菜の花のようなお花と赤いヒナゲシの花が咲いています。絨毯のようでとってもきれい♪

b0007203_1751379.jpg

↑町の外れの方にあるライオンズクラブの寄付で作った広場。ライオンなんですが・・・私にはどうしてもライオンに見えません(;O;)
b0007203_1773335.jpg

プードルの顔にダックスの体・・・に見えませんか???

今でこそ年中無休のショッピングモールなどがマドリッドなどの都会にはありますが、普通のスペインの町の日曜日はお店も開いていないのでこんな感じでのんびり、ゆったりと時が過ぎていきます。ちょっと不便な事もありますが、こんな風に心が休まる時間があるというのも恵まれたことだなぁと思います。
[PR]
by el1demayo | 2006-03-29 17:14 | ◎ 暮らし

サマータイム

26日の夜中からサマータイムが始まりました。
b0007203_2232462.jpg

26日の午前2時に、時計の針を1時間進ませます

朝起きた時に混乱しないようにいつもは眠る前に時計を直しておくんですが、今回は忘れてしまいました・・・ と言うことで、朝9時に起きたのに(あっ、早起きしてないのがばれてしまいました)実際は10時1時間損してしまったような気がしてなりません・・・(;O;)
[PR]
by el1demayo | 2006-03-26 02:22 | ◎ 暮らし

今日は晴れ!!

先週の金曜の午後から昨日までず~っと雨が降ったり止んだりしていました。水不足のスペインにとってはありがたい雨ですが、洗濯物もなかなか乾かないし、シロも散歩に出してあげられないし少し憂鬱でした。
でも今日は少し曇る事はあったものの青空も出て良い天気だったので、シロを連れていつも行くオロペサという村まで行ってきました。久々に少し長くお散歩ができてシロもとっても嬉しそうでした。雨も必要なものだとはわかっていますが、やっぱり晴れていると嬉しいものですね。

道中、車から景色を見ていると黄色い花が一面に咲いていてまるで黄色い絨毯のようになっているところがたくさんありとってもきれいでした。せっかく出掛けたのにカメラを忘れてしまい写真が撮れなかったのが残念(-_-;)

b0007203_3565424.jpg

↑ある日のシロ。 シロはこうやって窓際にあるイスの上でくつろぐのが大好きみたいです。マルチーズって小さいのに(うちのシロは大きいですが・・・)すごいジャンプ力があるんですね。このイスにももちろん軽々と飛び登りますし、たまに私のお腹よりもちょっと高い所まで垂直にジャンプする時もあります。動物ってすごいですね。
[PR]
by el1demayo | 2006-03-25 03:41 | ◎ 暮らし

手作り陶器

b0007203_175573.jpg


この間彼の実家の物置で↑こんな物を見つけました~!
昔、彼が陶器作りを習っていた時の作品4点です。まだまだいろいろあったんですが、彼が気に入っている物2点私のために作ってくれたもの2点を家に持ってきました。

【左から】
・植木鉢  ・ペン立て(クリップを載せるスペースとメモを挟むスペースあり)
・にんにく保存用の壺①  ・にんにく保存用の壺②


にんにくの壺2つは私が彼に頼んで作ってもらったものです。「蓋の取っ手ににんにくをつけてね」と頼んだので、不恰好ではありますが一生懸命作ってくれました。(^_^)v

もちろんプロが作るようにはいきませんが、彼が気持ちを込めて作ってくれたものは全部大好き!
また時間ができたら陶器作り習えばいいのになぁ。
[PR]
by el1demayo | 2006-03-22 18:07 | ◎ 暮らし

San José サン・ホセ ~父の日

今日はサン・ホセの日で、カトリックの国にとっては父の日でした。
私たちはワイン好きの彼のお父さんにちょっと変わったワインオープナーをプレゼントしました。気に入ってくれたようで良かったです。

こちらは金曜の午後からずっと雨が降ってます・・・今朝も少し降っていたんですがお昼辺りから晴れ間が出てきたので、「今がチャンスだ!」と思いシロを散歩に連れて行きました

b0007203_5413964.jpg

↑家の近くにある教会の屋根の上にはたくさんのコウノトリが住んでいます。本当は寒い時期はアフリカに行き、暖かい時期はスペインに戻ってくる渡り鳥なんですが、最近はなぜか動かないみたいです。

b0007203_5451545.jpg

飛んでいるコウノトリ。こうやって翼を広げて気持ち良さそうに飛んでいるときのコウノトリってとっても雄大!

b0007203_5463433.jpg

↑教会の前にはなぜか民族衣装を着て壺を持った女性がポーズをとってました・・・。観光パンフレット用の写真でも撮るのでしょうか・・・??

b0007203_548111.jpg

先週はとっても暖かい日が続いていたのでお花もきれいに咲き揃いました!これは何でしょう?桜のような感じの幹でしたが、桃とかアーモンドとかでしょうか?ピンクの花がとってもきれい!

こんなにきれいな青空が見えていたんですが、夜からまた雨が降り始めました。明日は今日の父の日の振替休日らしいんですが、せっかくの3連休は雨で終わってしまいそうです。残念。

b0007203_551734.jpg

↑夜はシロをシャンプーしました!サラサラでとってもいい香りになりました~。
でもシャンプー直後のシロ君って、おじいちゃんみたい~~(#^.^#)
[PR]
by el1demayo | 2006-03-19 20:30 | ◎ 暮らし

インスタントコーヒーで・・・

b0007203_17235355.jpg

今日、インスタントコーヒーの瓶に付いているシールを2枚郵便で送ってきました

ネッスルのキャンペーンで、応募者の中から1人に「毎月1520ユーロのお給料」「一生」贈られるそうです!!(今日の為替レートで計算したら、1520ユーロは215,630円に相当するようです。)もちろんここから税金が引かれるので差し引いた後いくらになるのかはわかりませんがすごいですよね!

ということで、わざわざインスタントコーヒーを2瓶も買って送ってみました~。
当たるかな・・・?当たりませんよね(^_^;)あはは


話は変わりまして、シロのトイレ訓練、ほぼ終了したと思われます。もう怖くなくなったようで自分からトイレに行くようになりました。シロ君、お疲れ様でした~♪
[PR]
by el1demayo | 2006-03-16 17:36 | ◎ 暮らし

トイレ訓練♪2日目

昨夜は2回新しいトイレを使ってくれたので(トイレに私が連れて行きましたが・・・)すぐに慣れてくれるかなぁ?と思いきや、今朝は朝から一度もトイレを使ってくれませんでした・・・(;O;)普段は朝一でトイレに行くのに・・・

「忍耐」そうそう、トイレ訓練には忍耐が必要とされるんですね~。イライラしちゃダメ。ということで1時間おき位にシロをトイレに連れて行ってました。すると、午前11時過ぎに無事おしっこをしてくれました~!!やった~♪

彼が仕事から戻ってきて昼食を食べた後、シロにはヨーグルトと青りんごを少し与えているんですが、普段はその後もトイレタイムなので少し様子を伺っていると、なんと自分からトイレに入っていきました!シロ君、すご~い!

もう大丈夫かと思っていたんですが、まだまだ自分からトイレに入るのを躊躇する時があったのでソワソワし始めたらトイレの角をトントンと叩いて「おしっこ」というようにすると、自らトイレに入って用を足す事ができました。

ということで2日目は合図を出すと自分からトイレに行けるようになりました!
もちろん今までのトイレで慣れていることもあるんですが、とっても臆病で見たことのないものに対してかなり怖がるシロにしては上出来です。
シロ君、頑張ったね!!

↓朝から我慢していたトイレに無事行ってホッとしたのか、水をガブ飲みした後こんな格好で眠ってました(*≧m≦*) 足が1本上がってますよ~、シロ君。
b0007203_16592590.jpg

[PR]
by el1demayo | 2006-03-14 16:45 | ☆ シロ

待ってました~~☆

今日、待ちに待っていた小包が届きました!
b0007203_543430.jpg

中身は昨年末に日本に帰った時に送った犬用のトイレとトイレシーツです。船便で送って2ヶ月掛かってスペインまで来たので段ボール箱もかなりくたびれていますね(^_^;)
b0007203_545590.jpg

この荷物、宛名の書き方がまずかったせいかスペインの税関で止まってしまい実はとっても大変だったんです。本当は自分から自分宛に送れば良かったんですが、なぜか母から彼宛に送ってしまったので彼が日本で買った物とみなされてしまったらしいのです。ある日税関からマドリッドまで荷物を取りに来ると同時に税金を払ってくださいという手紙が来て気付きました。私物であるという事を伝えたところ、中身を点検した上で今回は家まで送ってくれるがIVA(付加価値税)を払わなくてはいけなくなりました
ということでしっかり払いましたよ~、38.40ユーロ。(;O;) なんとも高い買い物になってしまいましたが、必要な物なので仕方ないですね。

早速高~い(?!)トイレをセットしました・・・
b0007203_5555131.jpg

・・・・・・・こっ、これはベッドじゃないんだよ~~ん!(>_<)
でもちょうど首を支える所があってベッドにもできるかも?!
b0007203_5563160.jpg


こんな調子だとトイレ訓練、また大変だろうなぁ・・・と思っていたところ、夜の9時20分、我慢できなくなったらしくしっかりトイレでおしっこしてくれました良かった~。(高いトイレだから使ってもらわないと困ってしまいますっ!)
シロ君、よくできました~!

~シロのトイレ遍歴~
最近まで使っていたトイレ
そうそう、今まで犬用のトイレなんて売っていなかったスペインですが、この間初めて犬用品の通販のカタログで犬のトイレとシーツを見ました!トイレは子犬時の散歩ができない時期用という感じで売っていました。シーツも高いけれど、万が一緊急に必要なんて場合は使えるかも・・・と思いちょっとホッとしてます。
[PR]
by el1demayo | 2006-03-13 05:35 | ☆ シロ

LA TRAVIATA(ラ トラヴィアータ)

日曜の夜、オペラを観にいってきました。
b0007203_20461566.jpg

今回見たのは「ラ・トラヴィアータ」。
舞台は19世紀のパリ。自宅で催したパーティーでヴィオレッタはアルフレッドと出会い”初めての本当の恋”に落ちた。その後2人で郊外に住んでいたが、アルフレッドの不在中に突然現れた彼の父に「娘の縁談に差し障るから」という理由で別れを求められヴィオレッタは1人パリに去る。理由を知らずに別れられたアルフレッドは憤慨し、パリの夜会で再びヴィオレッタを見ると満座の中で彼女を中傷した。数ヵ月後、真相を知ったアルフレッドはヴィオレッタを迎えに行くが時すでに遅く彼女は危篤状態。アルフレッドからの愛情を取り戻した後、ヴィオレッタは天国へと旅立った。
というストーリーですが、悲しすぎます・・・

地方都市での公演のせいか、それとも本当に調子が悪かったのかヴィオレッタ役のソプラノさん、第一幕の歌声がフラフラだったのが残念でしたが、ストーリーがドラマチックだし、音楽もとっても素敵なので見入って(聞き入って?!)しまいました。
[PR]
by el1demayo | 2006-03-12 20:43 | ◎ 暮らし